ZEH目標公表資料

◎ZEHの周知・普及に向けた具体策

弊社ではZEHの周知・普及に向けた具体策としまして、セミナー会場、ホームページ、広告、見学会等でZEH登録事業者であることの告知を行います。ZEH仕様で建築した住宅についてはできる限り1回以上の見学会を開催。来場者の皆様にその必要性を説明し必要性を感じていただくようにします。ZEH仕様の標準仕様を作成し、これから新築を検討中のお客様に具体的な内容をわかりやすく見てもらえるようにします。

◎ZEHのコストダウンに向けた具体策

弊社のZEHに対する取り組みを地域の方々に発信し周知していただく。なお、日々進化する断熱材やサッシ等の使用建材の見直しをし、選定していきより良い家づくりに役立てます。標準仕様の明確化を図り、取引先にコストダウンを図ります。

◎その他の取り組みなど

今後も自然エネルギーを活かす商品や、省エネルギーの商品が開発されていく中で、新商品・新工法などの情報取得・探求をしていきます。その土地の気候・風土・景観に合わせた商品の提案・プランニングをして、数値のみのZEH基準を満たすだけでなく、お客様のライフスタイルに合わせて効率のよいエネルギー取得ができるよう、最良な形でご提案いたします。さらにZEHの先を目指し、「エネルギー」と「資源」を効率よく生活に取り入れ、お客様により快適な住環境を提案できるよう常に探求心をもって取り組みます。

【やすらぎ工房のZEH事業計画】
やすらぎ工房では平成32年度までに、ZEH住宅の普及率を50%とする目標を掲げています。

zehsuuchi.png